Visual Practice×デザインハウス PEN アイデアワークショップ

Visual Practice×デザインハウス PEN アイデアワークショップ

Visual Practice×デザインハウス PEN アイデアワークショップ

【グラフィックファシリテーション専用ペン】のアイデアワークショップ開催!

\\あなたのアイデアとものづくり技術を生かして形にするプレ企画です//
グラフィックレコーディングやグラフィックファシリテーションを活用する現場でのみなさんの「困りごと」「気になっていること」「まだ言葉になっていない〔もやもや〕」など話しませんか??もしくは、こんな「ワクワクつくりたい」「共創おこしたい」「ぶっ飛んだことしてみたい」を語りたい!そこから、「こんなコンセプトのペンがあったらいいのにな〜」「こんなストーリーの文具があったらワクワクしそう!」を紐解いていきたいと思います^^

●背 景
約3年前から、八尾市ではVisual practice-グラフィックファシリテーションなどを活用した会議が実施されています。様々なバックグラウンドの方々、ステークホルダーが集まる八尾市産業振興会議(八尾市の2030年の産業のありたい姿を提言する会議)や、みせるばやお(八尾市の魅力を後世の子どもたちにも伝えるために、中小企業の叡智を結集した拠点施設 https://miseruba-yao.jp/project/ )開設のための企画会議にも活用され、プロジェクトが進んできました。
八尾には世界一のものづくりや技術、なんといっても魅力的な経営者や市民がたくさん居ます。「おせっかいすぎる」「やおやおしてる」など、人情溢れる空気の流れる八尾がイノベーションの集積地、カオスからイノベーションが起きるまちになっていく一つのアイデアとして、「デザインハウス」が提案されています。その試験的な実施としてグラフィック用ペンの開発を試みる企画です。

●VisualPracticeってなに?
話の見える化の実践。絵や文字を使い、話をビジュアライズ可視化することで理解を促したり、対話を活性化したり、参加者の主体性を育みます。グラフィックレコーディングやグラフィックファシリテーションなどもこの技術に含まれます。

●こんな方お待ちしています
・グラファシ、グラレコ実践者
・ VisualPracticeの困りごとに関心のある方
・ どんな場面でVisual Practice を活用しているこか知りたい方
・ 場づくりに携わっている方  ・ペンが好きな方
・アイデアを考えたい方  ・つくりたい方(製造業)

●デザインハウスってなに?
作りたいものの相談をすると、BOMリスト(製造に必要な部品とコストをまとめたもの、調達先)を作成して、アイデアの実現を素早くしていく仕組み。(中国深圳より) これを八尾市で実施する試みです。
※試験的に実施するため、ペンの商品化をお約束するものではありません。
課題や困りごとを元に、八尾市やものづくりの技術と掛け合わせたペンの開発を試みる企画になります。

開催の様子

デザインハウスPJ開催レポートカテゴリの最新記事